忍者ブログ

うきうき★バードウォッチング

07/17

Sun

2011

ついに「とりぱん」最新刊を

(定価で!!)買っちゃいました。

贅沢してゴメンなさい♪





ついでに、作者の名前

「とりのなん子」を

「なんのとり子」と

間違えてゴメンなさい(笑)


ともあれ、

とり子さんご無事で何よりです(^-^)


 

にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ

PR

11/03

Wed

2010

うちの2階の窓から見た朝焼けです。

今朝は朝焼けがキレイだったうえに、虹まで出たんですよ♪

asahi.jpg


先ほどトキが放鳥されたというニュースを見ました。

早速ハヤブサに狙われたようですが、今のところは無事とのこと。

これから前途多難だろうけど、何とか生き延びてほしいですね。


ところで、

以前、放鳥されたトキの一羽が、うちの近くに来たことがあるんです。

見に行こうと思えばすぐ行ける場所でしたが、やめました。

てゆーかぁ、トキってそんなに興味ないしぃ

ニュースを見て大勢の人がトキの元に押しかるのは必至。

まぁ、いつかその辺で普通に見られるようになるでしょ。

と、期待をこめ、そんな未来を待ちたいと思います。


toki.jpg
 

今日のお勧めはこの本。

最後の日本産トキの実話が

物語風に描かれてます。

私は号泣しながら読みました。

泣けます。泣けます。

とにかく鳴けます。

クアーーーーーーーーッ!!

おっと、図書館ではお静かに(笑)

  
にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ

10/17

Sun

2010

アホウドリ 愛のシンフォニー

hon.JPG
 

アホウドリの魅力満載の写真集です!

著者の長谷川博さんは長年アホウドリの保護活動をされていて、

他にも著書は色々あるので興味がある方は読んでみて下さい。

そもそも私がアホウドリのことに興味を持ったのも、

この方の本に載ってたアホウドリの写真があまりに魅力的だったから。

特に求愛のしぐさは何ともいえない愛らしさでいっぱいです。

今日ご紹介した本は写真集なので、そんな姿がいっぱい見られます。

アホウドリの写真集って他に見たことがないので、

もし他にご存知の本があれば、じゃんじゃん教えて下さいね♪
 
にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ

09/23

Thu

2010

雨のせいか、一気に晩秋のような気温になってしまいました。

私は超☆暑がりなんですが、冷え性なので寒いのも苦手です。

もしかしたら変温動物なのかも (笑)
 
chun.JPG


さて、今日は鳥関連の本のご紹介。 

作者の竹田津実さんという方は、北海道在住の獣医さんです。

野生動物の診療をしつつ、写真撮影や執筆活動もされていて、

この本では、患者であるスズメのエピソードが描かれています。

この方の著書は児童書や写真集が多いので、私にはうってつけ!

読みやすくて面白いので、ぜひお試しあれ♪


heren.JPG

 
ついでにこれも紹介しときましょう。

チュンの方は泣くような話ではないんですが、これはヤバイです。

どのくらいヤヴァイかというと、

「かわいそうなゾウ」「ハチ公物語」 レベルに泣ける話なのです。

ジョン、トンキー、ワンリー、ハチ、ヘレン

もうこの名前を列挙しただけで・・・あぁ・・・もうダメ (T-T)


そういえば、名前の由来にもなっているヘレン・ケラー

最近では、彼女の存在さえ知らない人がいるのには驚きです。

みんな、私と共に図書館の児童コーナーへレッツラ・ゴー!!
 
にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ

09/08

Wed

2010

とりぱん8巻に、「マイマイガ大発生事件」 という実話があります。

ある夏に作者の住む町で起きた出来事なのですが、

これと同じような惨劇が、かつて私の地元でもあったのです。



『ツマグロヨコバイ大発生事件』


当時小学生だった私は、夜、家族と一緒にスーパーへ行ったんです。

この日はツマグロヨコバイという虫が異常に多く、店の中も虫だらけ。

目を開けてるのもつらく、トイレに逃げ込んでしまったくらいのひどさ!

とても買い物どころではないので帰ろうと、駐車場に戻ってみると・・・


tumaguro.jpg
(↑当時の様子を、恐怖で手を震わせながら絵で再現してみました)



ちょうど街灯の真下に停めていたウチの車は、

まるで青海苔をふりかけたように、虫に覆われているじゃありませんか!

今では、あれは夢だったんじゃないかとさえ思えてきます。

でも事実なのです。



ちなみに、妻夫木聡  ツマグロヨコバイはこんな感じです。
e45f0f12.jpg
緑色で、米粒くらいの大きさで、人間には害のない虫です。

昔は、夏の夜には必ず灯りの下にいたのに、現在は一匹たりとも見かけません。



先日、庭の蛍も見かけなくなったと書きましたが、

色んな虫が、身の回りからどんどん姿を消していってます。

虫嫌いの私にとっては好都合とはいえ、なんか・・・悲しいですね。
 
にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ

08/10

Tue

2010

最新刊(9巻)に登場する標識のついた白鳥を見て、

「おや?」 と思いました。

今年のホワイトデーにT松の池にいたそうなんですが、

私も全く同じ日に、地元で標識くんを見かけました。


IMG_2258.JPG
IMG_2259.JPG
 

標識番号の末尾が連番の一つ違いなので、

もしかしたら同じ場所で装着されたものかもしれません。

全く同じ日に、全く別の場所で目撃された白鳥さんたち。

どういうルートで、どこへ帰って行くのかなぁ。


IMG_2206.JPG
 

  こういう標識鳥の追跡結果って、

  一般公開してないんですかね?

  自分が見つけた鳥が、その後

  どこにいるのか知りたいですよね。  

 
にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ

08/04

Wed

2010

ヒヨドリと並び「とりぱん」を代表するキャラが、

ツグミの “つぐみん” 。

いつもヒヨにイジメられ、エサ台の下でおこぼれを食べる小心者。

でも、実は作者に一番愛されてる!?


ちなみに、わが家のつぐみんは神経図太いです。

あのヒヨやムクを追っ払って、エサ台で堂々と食べてました。

↓ ほら、ふてぶてしい顔してるでしょ?(笑)

tugumin.jpg


ちゃんとシベリア(?)に帰れたのかなぁ。

ふと、雛と一緒に家族みんなで

「だるまさんがころんだ」をしてる絵を想像しちゃいました(笑)
 
 
にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ

08/02

Mon

2010


「とりぱん」 とは、

雨ニモ負ケズ 風ニモ負ケズ

庭のエサ台にパンを出し続けた

ある女性と野鳥たちの

壮絶な日々の物語である。



前回サラッと紹介したところ、静かなる大反響を呼んだため、

この優れた文学作品(=漫画とも言う)を私なりに分析してみたいと思います。


a9e487b7.jpg


まず、主人公は作者自身なのですが、

その次に主要な登場人物 鳥と言えるのが、このヒヨドリ。

物語の中では、うるさくて乱暴で意地悪で、

バッドばつ丸(サンリオのキャラクター)みたいな顔つき。

実物はとっても可愛いのに、ひどい扱われよう。

しかし、世の中には素晴らしい名言があります。

「 憎まれっ子 世に羽ばたく 」

というわけで、ヒヨちゃんはこれからも羽ばたき続けます!
 
にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ

07/28

Wed

2010

「とりぱん」 という本をご存知でしょうか?

某ⅠT県在住の作者の家にやってくる鳥たちの様子や、

田舎での生活がコミカルに描かれている4コマ漫画です。

つい最近知って読んだんですが、面白いですよ、コレ!

hiyoro.jpg
 

で、ふと思ったんですが、笑いの感覚が似てるのか、

このブログと若干かぶってるよーなのがいくつかありました(笑)

わ、わ、私、パクってないですからねっ!

このイラストを見ればわかるでしょ!?

ともかく、暑いこの時期こそ、お家でのんびり漫画でもどうぞ♪
 
にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ

04/13

Tue

2010

ヒッチコックの「鳥」を語る

※ 写真はイメージです。てゆーか、先日のサギ軍団です(笑)
IMG_2848.JPG

 

今さらですが、ヒッチコックの 「鳥」 を観ました。 


超有名な作品で、しかもこのタイトル! 見ないわけにはいきません。


「鳥が関係するサスペンスものらしい」 という予備知識だけで、いざ鑑賞。


・・・・・・アレ?


トラウマになるくらい怖い作品って聞いてたんですけど・・・。


私、萌えちゃいました (*´艸`)♪


結論。この映画より、私の狂った感覚の方がよっぽど怖いです(笑)

 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

プロフィール

HN:
カモミール  (♀)
生息地: 宮城県
HP:YouTube
自己紹介:
アホウドリに恋してます。
オナガガモを愛してます。
オシドリを崇拝してます。
アイガモを尊敬してます。
タンチョウが夢に出ます。

カウンター


 

カレンダー


04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

過去の記事


最新コメント


[02/21 min628]
[02/19 カモミール]
[02/09 ととろ]
[01/30 カモミール]
[01/30 カモミール]
[01/04 ととろ]
[01/01 min628]
[12/31 カモミール]
[12/31 カモミール]
[12/31 カモミール]

カテゴリー


ブログ内検索


Copyright © うきうき★バードウォッチング : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]